北園現代史を見て

Twitterを眺めていたら、

「北園現代史」なる映画を、

北園高校の生徒が制作したという内容が飛び込んできた。

 

自分の母校である

都立北園高校で、何かが起こっている。

見る前に、そう感じた。えっまじで?!

 

校則も制服もない、

自由な校風と言われる愛すべき母校だ。

思い出は数え切れないほどある。

今でもつながりのある友人たちは

北園の頃に出会ったひとが多い。

 

1時間以上ある動画を、見終えて感じたのは

自分がいた頃とだいぶ変わってしまったな

という印象と

それと同時に

この作品を制作したこと、

そのことこそが

北園らしいなぁと思って嬉しくなった。

 

世間的、社会的に見れば

かなりの異端なのだ。

校則も制服もない、北園高校は。

それは当たり前なのだけど、

だからこそ育まれてきた文化が根強く生きてる。

ストリートパフォーマンス部も、異種格闘技研究会も、フリーミュージック部も、

受け継がれてきた歴史がある。

 

今の自分を作ったのも

まちがいなく、北園高校に行っていたからと

今は強く思う。

 

初めて北園に行ったのは

中三の頃に学校見学を兼ねて

柊祭と言われる北園の文化祭に行った時、

音楽室でライブをしている先輩たちのバンドを見た。

その瞬間、「この高校で俺もバンド組んでライブやる!」って、

ONEPIECEのルフィよろしく、

海賊王になるかのごとく強く決心した。

結局、そこから

音楽にのめり込む日々を過ごし、

フリーミュージック部、通称フリミの部長もやって

いろんなライブを企画したり、

バンド5つも掛け持ちしてみたり(笑)

だから、

卒業してからもずっと音楽大好き。

今も。ライブ大好き。

 

動画の中では

頭髪の規制について描かれていたが

そんなことは

一切言われたことはなかったな。

 

言われたこともなかったし、

髪を染めようと思うやつは限られてる。

自分で決めてるんだから。

それで良かったんだ。

 

今思えばそこには多様性を認める空気があったんだな。

ギャル、ガングロ、オタク、ゲーマー、ガリ勉、普通、バンドマン、ヤンキーみたいなやつ。

まぁ、なんでもありだったし、

それぞれに好きなやつ同士でつるんでたし、

広くいろんなジャンルのやつと、場面場面でからんでいた。

自分が組んだバンドも、自分はボーカルやってたけど、ラグビー部掛け持ちのギター、帰宅部のベース、ゲーム好きのギター、野球好きのドラムだったし(笑)ジャンルが豊富(笑)

自然とそうゆう流れになっていたし、

「みんな違ってみんないい」みたいなものが

それが当たり前の空気のような気がしていた。

 

頭髪の規制は

ひとつシンボルのようなものになるけど

実際、社会に出てみれば

そんなにたいしたことじゃない。

髪を染めてたって、金髪だって

できる仕事はたくさんある。

どれを選ぶかも自分なんだし、

黒髪にすることだけがすべてじゃない。

自分の人生、自分で決めたらいいじゃない。

 

母とLINEで

この北園現代史についてやりとりした。

北園の自由な校風ってのは

「自主自立」ってスタンスだったよねと。

それだよなぁ。

 

ひろゆき氏の言った

「人に迷惑かけなきゃ好きにすればいい」が

北園の良さのような気がしていて。

 

規制することで

得られることはたいしたことじゃない。

受験や就職活動するときに

どうしたほうがいいかは、

ちゃんと自分で考えられる人間のほうが、

社会の役に立つよ、絶対。

これからの人生においては

自分でいかに、考えていけるか。

そこが大事なんじゃないかな。

 

世間体とかばっかで、

なんにも考えてないひとも多いからね。

 

この北園現代史って作品が

広く世の中に疑問を問うて、

1人でも多く、

自分で考えるきっかけになってくれたら

それが1番いいんじゃないかな。

 

北園の、先輩方のバリケードで封鎖した話も良かったし、

ポリタスTVで津田大介氏と、北園現代史を制作した中村さんの話も面白かった。

 

いずれも、北園らしいなって思って

嬉しくなりました。

 

まだ見たことないひとは、ぜひ。

北園現代史、で検索してみて。

 

ちゃんちゃん。

見えないところに

部屋の片付けを少しづつやってるんだけど

リルラピの餌をちゃんと整理したら

新品のエサが7袋も出できた!(笑)

こりゃあ、しばらく買わなくて良さそうだ。

リルラピさん、しっかり食べてください(笑)

 

あたたかくなってきて

天気も良くなってくると

少しづつ活動的になっていけるね。

 

今年いっぱいかけて

家をスッキリさせるのが目標です。

 

ちゃんちゃん。

愛でンティティ

なんにも考えないで生きているやつと

なにかを考えて生きているやつと

どっちが価値があるとか

そうゆうことでもない。

人の成り立ちは

一人ではないからだ。

たったひとりでは

生きていくことはできまい。

どこかで誰かが何かに携わっている。

今あなたがこの文章を読んでいるなら

それは紛れもない事実としてあるだろう。

 

自分の価値観は自分だけのものだ。

家族だろうと友達だろうと

まったく同じ価値観は抱けない。

共有することは一部、できるだろう。

だけど

自分の世界でしか世界は世界ではない。

自分の宇宙の中に世界があるんだ。

 

外側に見えているようで

それは内側を写したものに過ぎないと。

 

ならば、

外側から変えてみることも

ひとつの、手段としては有効であろう。

やがてそれは

自分の外側を見ているようで

自分の内側を見ることに繋がるのだから。

 

そうやって繰り返していくうちに

自分のアイデンティティは形成されるのかも知れないな。

https://open.spotify.com/track/0jqGYadZK1V17mTSNy1I73?si=fsSBvA9lSGen36rEQ3VsoA

 

ちゃんちゃん。

だんだん

昨日はウソかホントかわからないことが

たくさん溢れてたなぁ

 

全てはホントでウソかも知れないし

嘘を嘘と見抜けないとね。

 

とはいえ、

4月ですよ。

クラロワは何となく続けてて

やっとのことトロフィー5000を越えました。

f:id:u1ito:20210402081828p:image

つええヤツがいっぱいいるんだよな、ほんと。

ゆるーくやってるけど、なんとか。

 

4月に入って

少しずつ家のことやれそうな時間ができるので

ちょっとずつ

断捨離を決行していこうと思う次第。

本日もゴミ袋45リットル1袋を処分。

ちょっとずつでも、なんとか。

 

ゴミを溜め込んでるつもりはないが

結局はゴミと同じ扱いのようなもの。

使ってないし、

愛着さえないものならね、

手放していいはず。

それを億劫に感じてしまうのは邪気なのか。

 

人を家に呼べるようにするのが目標。

この1歩は大きな一歩である、はず。

 

ちゃんちゃん。

どん

4月1日ね。新年度おめでとう。

去年より、だいぶいいんじゃない?

この1年の激動っぷりを思い出すね。

 

今日は長男きゅん、次男ぽよ、

一緒に保育園へ。

次男ぽよは初めての保育園。

慣らし保育、たった2時間の預かりだけど。

しっかり泣いて、しっかり30分寝たそうです。

初日にぐっすり寝れたなんて

上出来じゃない?ね?グッぽよ。

これから少しずつ先生たちとの、

信頼関係を築いてくれぃ。

 

変わる変わる4月。

去年とはうってかわって

素敵さを感じることを。

今までの有難みを、感じながらも

これから先を明るく描いていく。

 

そんな4月。

さぁ、行こう!最高!

 

ちゃんちゃん。

NEWDAY

3月も30日まで来ましたね。

 

4月からはぐっと明るい日々になる気がしてます。

そういう気分を先取りしてもいいと思います。

いい気分でいることに悪いことはひとつもないです。

いい気分でいることは、すべてです。

一番大事なことです。

そこから始まります。すべてです。

 

あなたが今どんな状況にあるかは

関係ありません。

どんな状況にあっても

いい気分でいることはできます。

呼吸ができているなら

そこにいい気分を感じることもできるはずです。

 

好きな音楽は

心を豊かにしてくれます。

好きな音楽は

自分でたくさん知っていた方が

より豊かになると思います。

 

豊かさとは

やりたいときにやりたいことをできることです。

お金はそのツールでしかありません。

食べたい時に食べたいものを食べられるかもしれませんが

そこで重要なのは、それを味わうことです。

心ここに在らず、では何も楽しめないし

生きてないのと一緒です。

意識は常に、今、今、今です。

もっといきてぇんだ今今今です。

https://open.spotify.com/track/5CTaIdmqidXjNbQKyJN8FQ?si=OPteix7uTPSgtdcKehnumw

いいとこ残し 今 過去からNEWDAY

 

昨日の満月は綺麗だったなぁ。

 

ちゃんちゃん

花よりライブ

この週末、

桜が満開になってましたが

まさに「花よりライブ」という感じで

久しぶりに爆音で音を感じる2日間でした。

 

27日の土曜日は

LUNA SEAのライブでさいたまスーパーアリーナへ。

年末にやむなく延期になってしまった振替公演。

このライブにかける想いは

ファンとしてもメンバー、スタッフとしても

とても深い深い意味があったと思います。

もう20年以上前に行った

NEVER SOLD OUT CAPACITY∞という10万人越えの伝説のライブを思い出した。

後日でたそのドキュメンタリーの中で

ライブ直前にストームに襲われ

半壊状態となってしまったステージで

ライブを続行するかどうかを迫られたLUNASEAらが、会議の中で。

ベースのJが言った「今やらなかったら、俺たちはまた何かあったときに、あきらめてしまうんじゃないか。だったら、やろうよ」

というようなニュアンスのことを、そんなことを言っていた。

今回においては、

20年経って、その「何か」があったのだと。

だけど、帰ってきた。

間違いなくLUNA SEALUNA SEAで居続けてくれた。

それがとてつもなく嬉しかったし、

どんな形であっても

LUNA SEAは存在を証明し続けてくれる。

それを確信に変えるような

これからの未来に向けた大事なライブだったのだと。

今でもその余韻に浸っている。

メンバーたちはMCの中で

言葉を選んでいた。

「567」というワードは一言も発しなかったと思う。

言葉にはしないながら

Jは中指を立ててROCKを証明していたし、

SUGIZOの衣装には「VIRUS IS OVER」と書かれていた。

真矢の涙にはどうしようもない悔しさの上にも皆の愛があったとわかったし。

RYUICHIは「待ってるんじゃなく、引き寄せよう!」

INORANは「明るい未来に行こうぜ!」と言っていた。

このライブの意味が

これから先の音楽人生、

また音楽を愛する人たちにとって

輝かしい未来を作り出す原動力になる。

そんな、きっかけとなるような、ライブだった。

あぁ、もう大丈夫だ。

信じていいんだ、想いは同じだと。

強く強く強く、感じた。

音楽のチカラは果てしない。

嵐を呼ぶバンドと言われたLUNA SEA

STORMという曲の歌詞が響く。

「真実はきっと臆病だからその姿を決して見せない。だけど僕らは離れたりはしないから。」

https://youtu.be/obQYhycifEY

 

28日の日曜日は

TEMPURA KIDZのワンマンライブに家族で行きました。

卒業するメンバーがいるので

現体制でのライブは、これが最後。

とはいえ、

ライブも、ひさしぶり。

爆音の中で踊り狂う彼ら、

そして、絶対的な信頼感の中でつむぎ出される表情やそぶり。

この貴重なパフォーマンスを生で見られるのが今回で最後と思うと、本当に寂しい。

最後だからと

全曲を、全力で見せてくれた。

我が子達は、爆音の中でほとんど寝ていたけれど(笑)

この子たちが生まれる前から大好きで

ずっとずっと応援してる。

アンパンマンとコラボした振り付けDVDがあって、きゅんは毎日のように見ていた。

「TEMPURA KIDZです!てんてん!」と、

きゅんはメンバーに直接伝えることができた。

好きだってことを伝えられたから、それだけでも、行って良かったと思ってる。

https://youtu.be/gScNuLK67Kk

このライブはYouTubeで無料配信されてたので良かったらどうぞ。

53分後くらいから本編始まります。 

 

 

という感じで

こんなに、大好きな音楽を浴びられたのはどれくらいぶりだろう。

ほんとにたくさんたくさん感じた週末。

音楽は、生きていくために必要、ほんとに。

それしか、勝たん。花よりライブ。

 

ちゃんちゃん。